ソラマメを出荷中

ホーム * 地域ニュース * ソラマメを出荷中

良質なソラマメそろう

 JAいすみ管内では、基幹作物である水稲の裏作として取り組めるという点から、ソラマメの栽培が盛んです。JAは品質や生産者の技術の向上を図ろうと、栽培講習会や出荷査定会、出荷反省会を開催しています。

 今年も5月中旬から出荷期を迎えており、それに合わせてJA福祉センターで出荷査定会を開きました。生産者ら26人が参加して現品を確認。出荷基準を守るよう申し合わせました。

 今年度産は生育期間中の過乾燥で生育の遅れが懸念されていましたが、後に好転したことから平年どおりの生育進度となり、需要期に良質な品がそろっています。生産者は「選別や箱詰めは大変だが、規格厳守を徹底して良いソラマメを出荷していく」と意気込んでいました。

 

出荷査定会で、新鮮なソラマメができていることを確認しました。

 

 

 

 

お知らせ
2018.02.22
平成30年度年金相談会開催予定
2018.01.04
店舗・施設・営業時間一覧
2018.01.04
お米
2017.12.29
農機整備工場の統廃合および住所・連絡先について
2017.12.27
これが今の旬!
地域ニュース
2018.02.09
街角写真館
2018.02.09
大豆で豆腐&クレープづくり!
2018.01.30
女性部短期大学校18期生が入学
2018.01.26
美味しい食用ナバナの季節
2018.01.25
LAと金融渉外担当者の進発式