良質な種イモを育て最高のジネンジョへ!

ホーム * 地域ニュース * 良質な種イモを育て最高のジネンジョへ!

共同網室でむかごの植え付け

 いすみ自然薯組合はジネンジョの種イモを生産しようと、いすみ市内の共同網室にウイルスフリー(ウイルスに感染しないようにした状態)のむかご約2,000粒を植え付け、生産者と夷隅農業事務所・JAいすみ担当者の12人が参加しました。

 この取り組みは同組合の恒例行事です。以前は育苗箱を使ってむかごを植え付けていましたが、2014年から波形の畦シートを使った方法を導入しています。傾斜を付けて畦シートを埋め込み、シートの波間にむかごをは種する方法で、まっすぐで使いやすい種イモが育っています。

 育てた種イモは生産者が分け合って各自持ち帰り、ジネンジョ生産に役立てています。昨年はこうした努力や工夫が実り、非常に良質なジネンジョが育ちました。同組合の関忠光組合長は「昨年のジネンジョはとても好評だったので、今年も頑張りたい」と話しています。

 今回植え付けたむかごは、来年の3月頃まで生産者が協力して栽培し、良質な種イモに仕上げていきます。

 

 

波形の畦シートを埋め込み、波間にむかごを一粒ずつは種しました。

お知らせ
2020.11.25
苦情処理措置及び紛争解決措置
2020.11.25
利用者様からの共済事業にかかるお申し出に対する対応について
2020.11.17
JAバンク お取引ごとの定型約款
2020.11.02
ウインターキャンペーン2020
2020.10.28
これが今の旬!
地域ニュース
2020.11.06
JAいすみふれあい展を開催しました
2020.11.02
パークゴルフで女性部とJA役職員が交流
2020.10.20
新しい支所を建設中です
2020.10.14
JAいすみ合併20周年記念式典を行いました
2020.09.28
グリーンスパいすみの農産物 二人三脚で作る米&生産者紹介