キウイフルーツの夏季管理講習会

ホーム * 地域ニュース * キウイフルーツの夏季管理講習会

 

大玉キウイフルーツを作るために

 JAいすみキウイフルーツ生産部会は6月21日、勝浦市内のほ場でキウイフルーツの夏季管理講習会を開き、生産者ら13人が参加しました。

 贈答用として人気のあるキウイフルーツは、大玉の果実が特に喜ばれます。そのため今回の講習会は、大玉に育てるための摘果作業に重点を置いて実習を行いました。生産者は、ボールのように丸くなった玉伸びの悪い果実を中心に、積極的に摘果をしていました。1平方メートル当たり20果を目安に果実を残し、大玉キウイフルーツが育ちやすい環境を作りました。

 同部会の鈴木忍部会長は「摘果は果実を大玉に育てるだけでなく、樹を元気な状態に保つためにも大事な作業。思い切った摘果をし、樹に負担を掛けない管理を心掛けていきたい」と話していました。

摘果を実践し、正しい管理の方法を学びました。

 

お知らせ
2019.05.23
農産物応援定期貯金 大地の輪
2019.05.14
2019年度年金相談会開催予定
2019.05.14
各種手数料一覧
2019.04.26
クールビズを実施します
2019.04.12
改元・10連休にかかる対応について
地域ニュース
2019.04.11
タケノコ出荷ピークに
2019.04.04
女性部員と子どもたちが大豆を一から加工
2019.03.25
ジネンジョの種イモを掘り出す
2019.03.15
家庭で作れる豆腐!? 第3回講座は加工教室
2019.02.04
みそづくりを教える