グリーンスパいすみの農産物 ちょっと早めのキュウリ&生産者紹介

ホーム * 地域ニュース * グリーンスパいすみの農産物 ちょっと早めのキュウリ&生産者紹介

※JAいすみ広報誌「いすみ」2020年5月号 「直売所ファーマーズ」掲載記事

 

お客さん目線でキュウリ出荷

 

 

 だんだん暑さが増して、みずみずしい食べ物ですっきりとしたい5月。グリーンスパいすみで加藤純一さんのキュウリが出番を迎えます。まだキュウリの生産量が少ないこの時期は、多くのお客さんが重宝している食材です。加藤さんは「キュウリはお客さんにとって、冬でも欲しいくらい人気なんだ。できるだけ早く作って、早く出荷しているんだよ」と、お客さんの立場や需要について考えを語ります。

 JA大原農産物直売所利用部会(グリーンスパいすみの出荷者で組織する部会)で部会長を務める加藤さんは、グリーンスパいすみの運営にも関わる立場であるだけに「お客さんの求めている品」をとても大事にしています。キュウリの早出しもその一環です。この早出しキュウリは、毎年6月上旬頃に出荷が終わりますが、加藤さんはその後、は種をして、他の生産者のキュウリが品薄になる7月下旬頃から2回目の出荷を始めます。こうして、人気食材であるキュウリを長期間にわたって味わえるようにしているのです。キュウリを使ったぬか漬け

 年2回の栽培・出荷は、水稲も栽培する加藤さんにとっては、田植えなどと重なるので大変です。それでも合間を見ては、キュウリの育苗ハウスに行き、茎の状態などを確認。キュウリを傷付けそうなツルを見つければ小まめに取るようにしています。「もし自分がお客さんだったら、綺麗な見た目の野菜が欲しいからね」と加藤さん。出荷時も、傷の有無をよく確認し、傷を付けないように袋詰めしています。多忙を極める中でも、お客さんの求めるキュウリを作ろうと手を抜きません。

 品質の追及はもちろん見た目以外にも。大量の牛糞たい肥を施肥することで、安全・安心で、そのうえ甘味がのったキュウリに仕上げています。だからこそ「他産地のキュウリにも負けない品質と鮮度が売りだよ!」と力強く語る加藤さん。お客さんの喜ぶ品質を自信を持って届けています。

 「どうしたらお客さんが買いやすいかを考えて出荷していくよ」と、お客さん目線を第一に心掛けていました。

 

          

商品のお買い求めはコチラ 

JAいすみ大原農産物直売所

「グリーンスパいすみ」

千葉県いすみ市若山411 ☎0470-60-9820
   

JA管内のとれたて農産物や、農家手作りの加工品などが集まる場所です。

美味しい旬の味を、お手軽にお買い求めいただけます。
日曜日は専用スタンプカード「トマトカード」ポイント2倍でお得です!

 

※時期・天候などの条件によっては、上記で紹介した農産物が店頭に並んでいないことがあります。

お知らせ
2020.10.16
JAバンク お取引ごとの定型約款
2020.10.01
JAいすみの業務委託先を装った不審な訪問にご注意ください
2020.09.24
店舗・施設・営業時間一覧
2020.09.15
いすみっこ(お米)
2020.09.15
お米
地域ニュース
2020.10.20
新しい支所を建設中です
2020.10.14
JAいすみ合併20周年記念式典を行いました
2020.09.28
グリーンスパいすみの農産物 二人三脚で作る米&生産者紹介
2020.09.15
千葉県を代表する米「いすみ米」収穫中!
2020.08.19
グリーンスパいすみの農産物 丹精した甘いナシ&生産者紹介