いすみ米の季節がやってきました

ホーム * 地域ニュース * いすみ米の季節がやってきました

日本一の米を目指す良食味米が出番 

 粘土質の土壌が広がるJAいすみ管内(いすみ市、勝浦市、大多喜町、御宿町)は、千葉県内でも有名な良食味米の産地です。とれた米は、同JAが「いすみ米」のブランドで出荷しています。近年同JAは、いすみ米を日本一の米にしようと新米の販売イベントなどのPR活動を積極的に行い、子どもから大人まで幅広い世代に米のおいしさを伝えています。

 いすみ米の魅力は豊富な甘味と弾力のある食感。噛めば噛むほどじわりと旨味が口の中に広がります。なかでも新米はその特長が顕著に表れます。

 今年もおいしいいすみ米ができあがり、出荷期を迎えました。ぜひ新米でいすみ米の魅力を堪能してみてください。

 

 

たわわに実った収穫期の稲。

 

生産者は連日の収穫作業でかなり忙しい時期です。

 

炊き上がったときの香りも良く、いすみ米の魅力の一つ。

お知らせ
2020.03.31
新型コロナウイルス感染症により被害を受けた農業者の皆さまへ       -新型コロナウイルス感染症対策資金‐
2020.03.27
人形供養祭を開催します
2020.03.23
インターネットローン
2020.03.03
JAバンク お取引ごとの定型約款
2020.03.03
令和3年度職員募集について
地域ニュース
2020.03.04
小学校で豆腐づくり!
2020.03.04
第2回目の講座で芸能を楽しむ
2020.03.04
ブルーベリーの接ぎ木を学ぶ
2020.02.03
ほろ苦さがうまい! 食用ナバナ
2020.01.30
小学生と女性部員がみそづくり