八重咲きスプレーストックへの取り組み

ホーム * 地域ニュース * 八重咲きスプレーストックへの取り組み

 

八重鑑別は重要!

 JAいすみ花き出荷組合は7月24日、同JA福祉センターでスプレーストックの栽培講習会を開き、生産者ら約20人が参加しました。講習のテーマは主に、スプレーストックを栽培するうえで必須となる作業「八重鑑別」についてです。

 スプレーストックの咲き方は八重咲きまたは一重咲きで、どちらも5割程度の割合で出現します。一般的に流通しているのは、ボリュームたっぷりで人気の高い八重咲きです。八重鑑別は、その八重咲きの花をより多く生産するために、一重咲きの幼苗を間引く作業です。

 生産者は、夷隅農業事務所の担当者に教わりながら八重鑑別をしました。生育状況や葉の形などから慎重に一重咲きの苗を見分け、間引いていました。

 また、肥料メーカーを招いて、土壌診断結果をもとにした施肥の方法についても教わり、8月から始まるスプレーストックの栽培に向けて準備を進めていました。

 

お知らせ
2017.11.07
店舗・施設・営業時間一覧
2017.10.27
いすみっこ(お米)
2017.10.27
これが今の旬!
2017.10.25
冬得キャンペーン2017
2017.10.25
農産物応援定期貯金「大地の輪」当選番号発表
地域ニュース
2017.11.07
JAいすみ斎場が竣工
2017.11.01
農業機械大展示会を開催
2017.10.30
パークゴルフで女性部とJA役職員が交流
2017.10.26
JA共済交通遺児育英資金募金運動を展開
2017.09.29
新米がお買い得