ブルーベリーの接ぎ木を学ぶ

ホーム * 地域ニュース * ブルーベリーの接ぎ木を学ぶ

台木の特性を利用する

 JAいすみブルーベリー出荷組合といすみブルーベリー振興会は2月21日、合同で接ぎ木講習会を開き、生産者やJA担当者ら29人が参加しました。

 当日は、睦沢市内の生産者のほ場で実際に接ぎ木を行いました。今回学んだ接ぎ木は、ラビットアイ系品種の台木に、ハイブッシュ系品種の枝を接ぐ方法です。これにより、ラビットアイ系品種の丈夫な特性を利用して大粒で美味しいハイブッシュ系品種を栽培できます。

 初めて接ぎ木をする生産者もいましたが、ポイントを押さえて作業し、接いだ枝をしっかりと固定させていました。生産者は「作業は少し難しい部分もあったが、経験や失敗を繰り返すことで少しずつ覚えていけると思う」と、接ぎ木栽培に意欲を見せていました。

 

接ぎ木の方法についてみんなで勉強しました。

 

テープを繰り返し巻いて、枝が台木から離れないようにしっかりと固定しました。 

 

 

お知らせ
2020.03.31
新型コロナウイルス感染症により被害を受けた農業者の皆さまへ       -新型コロナウイルス感染症対策資金‐
2020.03.27
人形供養祭を開催します
2020.03.23
インターネットローン
2020.03.03
JAバンク お取引ごとの定型約款
2020.03.03
令和3年度職員募集について
地域ニュース
2020.03.04
小学校で豆腐づくり!
2020.03.04
第2回目の講座で芸能を楽しむ
2020.03.04
ブルーベリーの接ぎ木を学ぶ
2020.02.03
ほろ苦さがうまい! 食用ナバナ
2020.01.30
小学生と女性部員がみそづくり