ジネンジョの種イモを掘り出す

ホーム * 地域ニュース * ジネンジョの種イモを掘り出す

良質なジネンジョ栽培に向けて

 いすみ自然薯組合は3月14日、いすみ市内の共同網室で栽培していた種イモの掘り出しを行い、生産者と関係者の11人が参加しました。

 種イモは昨年5月に生産者が植え付けたむかごが生長したものです。は種時は、まっすぐで使いやすい種イモを育てる工夫として、畦シートにむかごを置き、傾斜をつけて埋め込みました。

 生産者は約3,000本の種イモを手分けして掘り出し、高品質のジネンジョ生産に活かすために各自持ち帰りました。種イモのできは全体的に良好で、今年も美味しいジネンジョの生産が期待できます。

 同組合の関忠光組合長は「天候による影響はなく、良い種イモを育てることができた」と笑顔を見せていました。

 

発芽後の樹勢の良さが期待できる種イモがたくさん育ちました!

 

 

 

 

 

 

お知らせ
2019.08.16
JAのマイカーローン情報
2019.08.16
JAの教育ローン情報 
2019.08.09
ライスセンター稼動計画
2019.08.09
農繁期の購買店舗・農機整備工場の休日営業について
2019.07.09
店舗・施設・営業時間一覧
地域ニュース
2019.08.16
行川農業倉庫を低温化しました
2019.07.26
大玉で甘いナシが出番!
2019.07.26
グリーンスパいすみ 夏の大感謝祭を開きました
2019.06.28
JAいすみふれあい展を開催しました
2019.06.21
ブランド化目指す! 大粒「いすみのブルーベリー」