ナシのほ場巡回

ホーム * 地域ニュース * ナシのほ場巡回

大玉ナシの出荷までもうすぐ

 一宮・岬梨組合は6月7日と13日の両日、組合全体のナシの生育状況を把握しようとほ場巡回をし、両日とも約40人の生産者・関係者が参加しました。6日は、一宮町といすみ市岬町のほ場合わせて13カ所を巡回。13日は、岬町のハウス栽培のほ場28カ所を巡回しました。

 当日は、ほ場ごとに果実の肥大状況や着果数を確認。全体を平均するとほぼ例年通りの数値となりましたが、なかには格段に大玉の果実もあり、生産者は「今の時期でこんなに大きいとは」と驚いていました。そして、7月下旬から始まる出荷に向けて、どのように栽培していくかを相談し合い、気持ちを引き締めていました。

 

一つのほ場につき果実20個の大きさを調べ、その平均値を割り出しました。

 

1平方メートル当たりの着果数を数えました。

 

木の状態も確認し、病害虫対策などを学びました。

お知らせ
2018.02.22
平成30年度年金相談会開催予定
2018.01.04
店舗・施設・営業時間一覧
2018.01.04
お米
2017.12.29
農機整備工場の統廃合および住所・連絡先について
2017.12.27
これが今の旬!
地域ニュース
2018.02.09
街角写真館
2018.02.09
大豆で豆腐&クレープづくり!
2018.01.30
女性部短期大学校18期生が入学
2018.01.26
美味しい食用ナバナの季節
2018.01.25
LAと金融渉外担当者の進発式