グリーンスパいすみの農産物 二人三脚で作る米&生産者紹介

ホーム * 地域ニュース * グリーンスパいすみの農産物 二人三脚で作る米&生産者紹介

 

※JAいすみ広報誌「いすみ」2020年9月号 「直売所ファーマーズ」掲載記事

 

美味しい新米を食べてほしくて

 

 二人三脚で60年近く米を栽培する渡辺さん夫婦。いすみ市内にある約4ヘクタールの広大な水田で「コシヒカリ」「ふさこがね」を生産しています。「この年で、この規模の田んぼを管理する夫婦はあまりいないんじゃないかなあ」と微笑むのは美枝子さん。利一さんは「今年は長雨があって大変だったけど、晴れの日が増えてきたからもうすぐ収穫できそうだよ」と、収穫が待ち遠しそうです。

 二人は先祖代々からの水田を受け継ぎ、長い間、共働きの兼業農家として米づくりに励んできました。仕事から帰った後に草取りをするなど多忙な毎日でしたが、美枝子さんが定年退職したとき、時間に少し余裕ができたことと、土地改良により水田が拡張したことで、さらに米づくりに精を出せるようになりました。今は農業一本で、二人とも元気に水田に向かい、忙しくも生き生きとした毎日を送ります。

 二人が作る米の特徴は、特有の粘土質土壌から生まれるもちもち食感と豊かな甘味です。この米は、過去にJA主催の「いすみ米食味コンクール」で最優秀賞を獲得したこともある味自慢の米。そのためグリーンスパいすみで年間を通して好評を集めており、地元のお客さんだけでなく、観光に訪れた県外のお客さんもファンになっています。

 特に、収穫したての新米は一段と美味しいので、待っているお客さんがたくさんいます。利一さんは「『今年の新米はいつから?』って聞かれるんだ」と嬉しそう。美枝子さんも「美味しいご飯をみんなに食べてほしいから、私たちも新米の季節を楽しみに、一生懸命に頑張っているよ」と微笑みます。お客さんの喜ぶ顔が見られるときが、二人にとって生きがいです。

 渡辺さん夫婦の新米は、9月からグリーンスパいすみに並んでいます。「早く食べてもらいたいねえ!」と、夫婦仲良く話していました。

 

商品のお買い求めはコチラ 

JAいすみ大原農産物直売所

「グリーンスパいすみ」

千葉県いすみ市若山411 ☎0470-60-9820
   

JA管内のとれたて農産物や、農家手作りの加工品などが集まる場所です。

美味しい旬の味を、お手軽にお買い求めいただけます。
日曜日は専用スタンプカード「トマトカード」ポイント2倍でお得です!

 

※時期・天候などの条件によっては、上記で紹介した農産物が店頭に並んでいないことがあります。

お知らせ
2020.10.16
JAバンク お取引ごとの定型約款
2020.10.01
JAいすみの業務委託先を装った不審な訪問にご注意ください
2020.09.24
店舗・施設・営業時間一覧
2020.09.15
いすみっこ(お米)
2020.09.15
お米
地域ニュース
2020.10.20
新しい支所を建設中です
2020.10.14
JAいすみ合併20周年記念式典を行いました
2020.09.28
グリーンスパいすみの農産物 二人三脚で作る米&生産者紹介
2020.09.15
千葉県を代表する米「いすみ米」収穫中!
2020.08.19
グリーンスパいすみの農産物 丹精した甘いナシ&生産者紹介