第2回講座で落語に触れる

ホーム * 輝く女性部 * 第2回講座で落語に触れる

第2回目の講座は交通安全落語!

 JAいすみ女性部は2月25日、御宿町公民館で短期大学校の第2回講座を開きました。併せて総会も行ったため、短大生のほかに各地区の女性部員も集まり、約110人が出席しました。

 内容は主に交通安全教室。「交通安全落語」と題した落語を、落語家の三遊亭遊馬(さんゆうてい ゆうば)師匠が披露しました。軽快な語り口の落語は自然と引き込まれる内容で、会場を笑いのうずに巻き込んでいました。

 その後は二人一組になって敏しょう性測定を行い、動作に反応する早さを簡単に計測しました。計測方法は棒を一人が落とし、もう一人が掴みます。 棒の下の部分を掴めれば敏しょう性が高いことになります。計測した出席者は、嬉しそうに笑ったり、少し照れくさそうにしたりと楽しんでいました。

 出席者は「交通安全の大切さが改めて分かった。帰りも気を付けて運転しようと思う」と、話していました。

 

三遊亭遊馬師匠が落語を披露。

 

楽しく、簡単に敏しょう性を測定しました。