3B体操で心地よい汗を流す

ホーム * 輝く女性部 * 3B体操で心地よい汗を流す

体を動かして健康な毎日を

 スポーツの秋に体を動かして健康の維持・増進を図ろうと、JAいすみ女性部は10月16日、JA福祉センターで短期大学校の第10回講座「健康教室 3B体操」を開きました。講師は日本3B体操協会の日笠和子指導士に依頼し、短大生と女性部役員の20人が参加しました。

 3B体操はボール(Ball)・ベル(Bell)・ベルター(Belter)という3つの道具を使う健康体操です。音楽に合わせてダンスやゲームを行うので、リズムよく体を動かすことができます。子どもから大人、高齢者まで、それぞれの対象者に合わせて気軽に無理なく体を動かすことが出来る体操です。

 短大生は体操しているときも笑顔で、運動する喜びと汗を流すことの心地よさを感じていました。

 日笠氏は「毎日続けることで一層の効果が出るので、家でも3B体操を続けてもらいたい」と話していました。

 

音楽に合わせてポーズをとるゲームや、道具を使った体操を楽しみながら体を動かします。

 

ベルター(左)とベル