大豆で低カロリーの昼食づくり

ホーム * 輝く女性部 * 大豆で低カロリーの昼食づくり

自家製豆腐に挑戦

 JAいすみ女性部は3月16日、いすみ市内の大原文化センターで女性部短期大学校の第3回講座「加工教室」を開き、短大生と女性部役員の20人が参加しました。テーマは「豆腐づくり」です。

 ほとんどの短大生は初めての豆腐づくりでした。最初は「上手くできるかな」と少し不安そうな様子でしたが、レシピを見たり、女性部役員に確認したりしながら、着実に調理をしていました。ミキサーでつぶした大豆を煮る作業まで進むと、だんだん馴染みのある香りが広がり「豆腐のにおいね」と笑顔を見せていました。その後も順調に調理が進み、綺麗な四角形の豆腐が完成しました。

 さらに豆腐づくりの際に生じたおからで「おから入りギョウザ」と「おからのサラダ」も作り、ボリューム満点の昼食が完成。みんなで会話を楽しみながら試食しました。短大生は「豆腐はすごく甘味がある。ギョウザとサラダも低カロリーなのに本当に美味しい」「家でも豆腐が作れると分かったので、また挑戦してみたい」と満面の笑みでした。

 

ミキサーで大豆をつぶし、鍋で煮ます。

 

 できた白いかたまりを、こし袋に入れます。

 

こし袋をぎゅっと絞り、水分を抜きます。そして白いかたまりを四角形の型に入れて押し固めると・・・

 

綺麗な豆腐が完成!

 

おからはギョウザやサラダを作るのに利用しました。

 

美味しい昼食ができました!