命を救う救命法

ホーム * 輝く女性部 * 命を救う救命法

 

救命法を学ぶ

 JAいすみ女性部は9月12日、いすみ市内の大原消防署で、短期大学校の第9回目の講座「救命法」を開き、短大生と女性部役員の20人が参加しました。傷病者を救う技術を身に付けることが目的です。

 短大生は同消防署員を講師に、心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)操作の手順を実践して学びました。多くの短大生が初めての体験で、救命の手順を覚えるのに苦労していましたが、何度も繰り返して実習するうちに自然とできるようになっていました。

 短大生は「命を救うために大事なことをずっと覚えておきたい」と話していました。

 

AEDの使い方を実践で学びます。