ミニデイサービスで地域活性化へ

ホーム * 輝く女性部 * ミニデイサービスで地域活性化へ

笑顔あふれたミニデイサービス

 JAいすみ女性部は6月11日、いすみ市内の榎沢区民センターでミニデイサービスを開き、榎沢松竹会の会員16人と女性部員が参加しました。来賓として、JAの花﨑隆組合長が出席しました。

 内容は楽しく笑顔で「脳活」を図れる催しが盛りだくさんでした。会員は声を出しながら手を動かす健康体操をしたり、女性部員の演奏する大正琴に合わせて歌ったりしていました。全員が交流を心から楽しみ、笑顔いっぱいの1日になりました。

 同会の熱田彌会長は「さらに若返った気分。楽しくて時間が経つのがあっという間だった」と、笑顔で話していました。

 坂間範子女性部長は「地域の皆さんが実り多い日々を送れるように、部員一同、努力していく」と意気込み、花﨑組合長は「女性部には、今年から特にミニデイサービスに力を入れてもらっている。今後も地域の活性化を図ってほしい」と激励しました。

 ミニデイサービスは女性部の毎年恒例の取り組みで年1~2回の開催でしたが、今年はJA自己改革の一環としてさらに地域との交流を図るために、年5回に増やしました。今回は今年2回目の開催。今後も様々な場所でシルバー世代との交流を図る予定です。

 

みんなで踊りや歌を楽しみます。

 

口と手を動かす健康体操です。

 

折り紙で千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」を作りました。良い笑顔です!