みそづくりを教える

ホーム * 輝く女性部 * みそづくりを教える

美味しい手作りみそを作ろう

 JAいすみ女性部は1月下旬、食農教育の一環として、いすみ市立東小学校の4年生児童24人にみそづくりを教えました。同市内の大原農産物加工センターを使い、3日間かけて行いました。

 原料は、児童が種から育てて収穫した大豆です。当日は大豆をつぶしたり、米こうじと混ぜたりする作業をみんなで力を合わせて頑張りました。作業を進めるにつれ、大豆はどんどんみそらしい見た目になり、児童は「良いにおいがしてきた!」「面白い」と顔を輝かせていました。

 作ったみそは、すぐには食べません。今秋まで熟成させて美味しくし、同校のイベントで料理に使われる予定です。

 

米こうじについて、女性部員から説明を受けているところです。

 

ふっくらと煮上がった大豆に「わあ~!」と歓声が上がりました。

 

煮た大豆を専用の機械に入れてペースト状にしました。

 

ペースト状にしたみそを丸めて団子に。「楽しい!」とみんな元気いっぱいでした。

 

みそ団子を攪拌(かくはん)器に入れて、米こうじと混ぜました。