食用ナバナ盛んに出荷

ホーム * 地域ニュース * 食用ナバナ盛んに出荷

3月で出荷がピークに

 千葉県で食用ナバナ生産量2位のJAいすみ管内(いすみ市、勝浦市、大多喜町、御宿町)は現在、食用ナバナの出荷期です。需要が高まる3月、出荷のピークを迎えました。

 仕上がった食用ナバナは今年も良質です。ほど良い歯ごたえ、ほろ苦さが絶品で消費者から人気を集めています。生産者は「栄養豊富で体に良い。風邪予防にぴったりなのでたくさん食べてほしい」と太鼓判を押しています。出荷は4月頃まで。おひたし、ごま和え、グラタン、パスタなど様々な料理に使えますので、ぜひお試しください。

 

色鮮やかなナバナ。料理に加えると食卓の見栄えが一段と良くなります。

 

JAいすみナバナ出荷組合の生産者によるほ場巡回と出荷査定会です。皆で品質を細かく確認し、良質な品の出荷に繋げています。

 

 

ナバナの出荷形態は様々。人形巻き(画像左。つぼみとその茎葉を束ねたもの)やパック詰めなどがあります。

お知らせ
2021.07.06
JA福祉センター事業所案内
2021.07.06
介護職員採用情報(WEB応募可)
2021.06.29
令和4年度職員募集について
2021.06.25
住宅等の建物修理に関するトラブルにご注意ください
2021.06.04
「アンパンマン交通安全キャラバン」中止のお知らせ
地域ニュース
2021.07.07
針と糸を使わないエコバッグづくり!
2021.07.07
小学校で大豆の種まきを教えました
2021.06.04
第5回講座は盛りだくさんの内容
2021.06.04
小学生向けの農業教本を贈る
2021.06.04
良質な種イモを育て最高のジネンジョへ!