食用ナバナ好調!

ホーム * 地域ニュース * 食用ナバナ好調!

 

天候に恵まれ、とても良質に育つ

 JAいすみ管内の令和2年度産食用ナバナが出荷期を迎えています。

 管内は千葉県で2位の生産量を誇る産地で、各地で青々としたナバナが葉を広げています。今年度産は台風の被害を受けず天候に恵まれたので、生育は総じて非常に順調です。品質もとても良好で、生産者はより多くのナバナを出荷しようと一層の意欲を見せています。

 JAいすみナバナ出荷組合の池田勤組合長は「今後の出荷にも期待が持てるので、皆で頑張っていきたい」と張り切っていました。

 ナバナは、程よいほろ苦さが子どもから大人まで人気の野菜です。おひたしにして食べるのが美味しい食べ方。その他に、ラーメンの具材にしたり、料理の彩りに加えたりなど使い方は様々です。ぜひお試しください。

 

生産者による生育調査の様子。良好な生育を確認できました。

 

 

 

出荷形態の一つ、ナバナの人形巻き。生産者は、規格厳守を意識して綺麗な品の出荷に努めています。

 

お知らせ
2021.07.06
JA福祉センター事業所案内
2021.07.06
介護職員採用情報(WEB応募可)
2021.06.29
令和4年度職員募集について
2021.06.25
住宅等の建物修理に関するトラブルにご注意ください
2021.06.04
「アンパンマン交通安全キャラバン」中止のお知らせ
地域ニュース
2021.07.07
針と糸を使わないエコバッグづくり!
2021.07.07
小学校で大豆の種まきを教えました
2021.06.04
第5回講座は盛りだくさんの内容
2021.06.04
小学生向けの農業教本を贈る
2021.06.04
良質な種イモを育て最高のジネンジョへ!