第5回講座は盛りだくさんの内容

ホーム * 輝く女性部 * 第5回講座は盛りだくさんの内容

着付けと介護学ぶ

 JAいすみ女性部は、同JA福祉センターで短期大学校の第5回講座を開き、短大生と女性部役員の15人が参加しました。今回の講座は「介護教室」と「着付け教室」の豪華2本立てです。

 介護教室は同JA福祉センター職員を講師に、介護保険制度や、片まひ(体の片側の手足などが動かせない状態)を想定した衣類着脱の方法などを学びました。片方の腕しか動かせない状態で実際にパジャマの脱ぎ着も行い、短大生は「いつも通りの動きができない」と、とても難しそうにしていました。

 着付け教室は、ハクビ京都きもの学院の渡邉好江さんが講師を務めました。短大生は講師の手本を見ながら、帯の締め方、着物のしわなどの一つひとつに注意して着付けをしていました。講座が終わる頃には見事に着こなし「いつもは着せてもらっていたけれど、初めて自分で着ることができた」と満面の笑顔。お互いに着物を見せ合ったり、記念写真を撮ったりして楽しんでいました。

 

片まひの設定で、片腕だけを動かして服の着脱をしました。

 

着付け教室は、帯の締め方などの手順を確認しながら実習。素敵に着こなせました!

※記念撮影時のみマスクを外しています。