小学校で大豆の種まきを教えました

ホーム * 輝く女性部 * 小学校で大豆の種まきを教えました

女性部員が大豆種まきの先生に

 JAいすみ女性部は5月下旬から6月下旬にかけて、いすみ市内の東小学校、大原小学校、東海小学校の3校で、合わせて108人の児童に大豆の種まきを教えました。

 児童は女性部員と一緒に、畑に深さ2㎝ほどの穴を空け、大豆を2粒ずつまいていました。種をまき終えても自分から進んで畑を掃除し、上手に育てようと張り切っていました。

 大豆は収穫まで児童が大事に育て、大原小学校と東海小学校では豆腐を、東小学校ではみそを作る予定です。児童は「良い大豆ができるといいな」と楽しみにしていました。

 

東小学校

 竹の棒を使って、一定の間隔で穴を空けました。

 

鳥につつかれないように、忌避剤で赤色に染めた大豆をまきました。

  

 

大原小学校

手分けしてたくさんの大豆をまきました。 

 

みんなで協力したので、作業はあっという間に終わりました。

 

東海小学校

女性部員の話をよく聞いて、指で穴を空けながら大豆をまきました。

 

まいた後は手でしっかりと土をかぶせました。