第2回講座はアイデア防災頭巾づくり

ホーム * 輝く女性部 * 第2回講座はアイデア防災頭巾づくり

便利で丈夫! 手作りのアイデア防災頭巾

 JAいすみ女性部は4月6日、JA福祉センターで短期大学校の第2回講座「手芸教室」を開き、短大生と女性部役員の20人が参加しました。

 作ったのはバスタオルの防災頭巾。JA新ふくしま(現在はJAふくしま未来)女性部が東日本大震災の経験をもとに考案した手作り防災グッズです。バスタオルに衣類や小銭入れ、保険証のコピー、洗面用具などを糸で縫い付けて作ります。災害時に身に付けて避難すれば、頭を守れるうえに避難所で必要最低限の物がそろうアイデアグッズです。

 少ない縫い目で簡単に作れるので、短大生はさくさくと作業を進め、わずか1時間程度で完成しました。早速頭巾を付けると「こんな防災頭巾が欲しかった。すごく良いアイデア」と大絶賛でした。

 坂間範子部長は「自分でも災害時に何が必要か考えるが大事。帰ったら家族の分の頭巾も作って災害に備えてほしい」と呼びかけていました。

 

 

衣類などをバスタオルに縫い付けていきます。しっかり縫うと緊急時にほどけなくなるので、物の上に糸を渡してざっくりと少ない縫い目で作るのがポイントです。

 

完成した頭巾を付けて記念撮影♪