米の目ぞろえ会 全量一等米!

ホーム * 地域ニュース * 米の目ぞろえ会 全量一等米!

米を高い品質で出荷

 JAいすみは8月16日、いすみ市内の国府台検査場で2019年産米の目ぞろえ会を行い、JAの検査員らが立ち会って米の検査、検査基準の確認をしました。

 検査員は米をカルトンに移して一粒ひと粒、未熟米や斑点米の有無などを厳しく確認し「全量、合格基準を満たしている。7月の日照不足の影響が気になるが、8月からは日照量が増えたので、これからも良い米が出荷されるだろう」と太鼓判を押しました。

 目ぞろえ会で検査した主食用米の「ふさおとめ」「ふさこがね」計87袋(1袋約30㎏)は全量が一等米となり、今年の米の出荷は順調な滑り出し。 飼料用米として出荷された「アキヒカリ」90袋も全量合格となりました。

 

 

検査員はカルトンに米を移し、目視で厳しく検査をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ
2019.11.19
11/24 グリーンスパいすみ秋の収穫祭
2019.11.18
ネットバンクで住宅ローン・生活関連ローンの繰上返済ができます
2019.11.14
ATMサービス等の一時制限にかかるお知らせ
2019.11.12
農業災害資金を低利でご融資します(12月末まで)
2019.11.01
ウインターキャンペーン2019
地域ニュース
2019.10.18
3B体操で心地よい汗を流す
2019.10.10
ミニデイサービスに力を入れる
2019.10.10
子どもたちが料理にチャレンジ
2019.09.20
街角写真館
2019.08.21
いすみ米の季節がやってきました